離婚相談できる相手を見つけて気持ちを軽くしよう

女性

間に専門家を挟む

弁護士

夫婦関係が破たんして離婚をすることになったときに、その責任が相手にある場合には慰謝料を請求することができます。相手が行なった浮気、暴力、その他夫婦生活を送る上での協力を怠るなどといった行為は、精神的な苦痛を生じさせていると法律で定められているのです。相手のそのような行為に耐えられなくなって離婚を決断したときには、離婚専門の弁護士のもとへ行って、離婚の手続きに関する相談をすると良いでしょう。慰謝料を請求できるなら、請求した方が良いと考えられます。夫婦生活の中で受ける精神的苦痛は、夫婦の中でしかわからないものです。慰謝料の請求は、誰にも相談できなかったその辛い気持ちに区切りをつけるための良いきっかけになるといえるのではないでしょうか。

離婚の際の慰謝料の算定基準や相場は、専門の弁護士が詳しく把握しています。また、婚姻費用や養育費などとは異なり、離婚に伴う慰謝料の算定表というものは存在しないので、個人間での話し合いで慰謝料の額を決めるのは難しいと考えられます。このようなことを考えても、きちんと弁護士を間に挟んで話し合いを行なうことが良いといえるでしょう。離婚問題でもめることが多いのが、子供の親権とこの慰謝料です。お金が絡んでくるために、双方が感情的になることが多いのです。最終的には裁判で決まる事柄であるので、法律の専門家を味方につけておくと、安心してこの問題に取り組むことができると考えられます。新しい人生のスタートをスッキリとした気持ちで切るためにも、納得できる解決方法を探しましょう。